Page: 1/211   >>
久しぶりの果物 (3) 水性絵具に拭漆

 

スオウで草木染したリンゴに続いて洋梨やミカンを作る予定ですが、いずれも草木染で出しにくい色ということで、水性絵具に拭漆してみました。材はケヤキとクリ。表面のザラザラに漆が入り込んでしまいましたが、面白い仕上がりになるかもしれません。

 

水性絵具に拭漆

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | - | pookmark |
再びスイッチ修理

 

先日の小型集塵機に続いて木工旋盤の1台が動かなくなり、購入先のオフから送ってもらった修理用参考資料を見ながらスイッチを分解したところ、接点としてシーソーのように動く金属片(写真下の2個)が外れていました。金属片を所定の位置に戻したところモーターは回るようになったのですが、回転数表示は「0」のまま。そうなると小生には理解不能の回路の問題と思われるため、回転数が表示されなくても大きな問題ではないと、修理はこれにて終了。木工機械の台数が増え、使用期間が長くなると色々なことを経験できます。

 

スイッチ分解修理

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
200歳のケヤキ (6) スプーンの材料

 

カヌーを皿として使うので、皿に盛った料理を取るためのスプーンとフォークを、パドルに見立てて作ります。その話をメンバーのHさんにしたところ、長さ2mほどの孟宗竹のプレゼントが木遊びに届きました。ありがとうございました。

 

Wikipediaによれば「竹とはイネ目イネ科タケ亜科に属する植物のうち、木本(もくほん、木)のように茎が木質化する種の総称。多くの草本(そうほん、草)類と同じく茎にあたる稈(かん)に年輪は見られないが、一方で木本類のように堅くなる性質がある。通常の木本と異なり二次肥大成長(年輪を作るような横方向への成長)はせず、これは草本の特徴である。このため、竹が草本か木本かは意見が分かれる」とあり、また木本についても「大多数の専門家が同意するような明瞭な植物学的な定義は提唱されていない」とありました。以上から素人が理解したのは「竹が木なのか草なのか、専門家でも意見が分かれる」ということ(括弧内は筆者の備忘的メモ)。

 

早速割ってみたものの、生まれて初めての竹のカトラリー作りをどこから始めて良いものか。初めて出会った美女を前にしたような緊張感があります。

 

孟宗竹

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
強力な助っ人となる筈です

 

静岡市にあるオフ・コーポレイションまで買い物に出かけたメンバーのKさんが「置いておくので使ってくれ」と Arbortech のボール・ガウジとそれを装着できる2万円以上する無段変速ディスク・グラインダを提供してくださいました。何と太っ腹な高齢者なんでしょう。これを使えばカヌーの船体作りのような加工は捗るように思います。テスト使用が終わり次第、結果をご報告しますので、暫しお待ちください。ルンルン。

 

助っ人

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
200歳のケヤキ (5) もう一本到着

 

メンバーのHさんが再び実家から持ってきてくださったのは1本目より20cmほど長い、長さ60cm前後のケヤキの柱。これだけあれば相当に立派なカヌーが生まれそうです。Hさん、ありがとうございました。

 

2本目

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
回転ヤスリ (3) ディスク・グラインダ利用検討

 

回転数に期待しディスク・グラインダに回転ヤスリを取りつける方法として最初に考えたのは、グラインダのM10ボルトに高ナットを挿し、反対側に六角軸の回転ヤスリを保持できるソケットをねじ込む方法。そのためにはソケットにM10のネジを切るのが最もスマートなのですが、ソケットの根もとの直径は11mmもあり、グラインダーで9mm程度まで細くしてダイスを当ててみたものの歯が立たず。仕方なく高ナットに穴をあけボルトを挿し込んでソケットを固定したのが写真の代物。

 

世の中それほど甘くはなく、加工精度の問題から、これをデスク・グラインダで回すと回転ヤスリがブレて使いにくい。新しいソケットを手に入れ金属加工屋に持ち込んでネジ切りを頼めば加工賃は高いだろうということで、別の方法を考えます。

 

制作中

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | - | pookmark |
久しぶりの果物 (2) リンゴを草木染

 

旋盤で挽いた丸いリンゴに凹凸を施し、リンゴは赤いということでスオウで草木染してみました。このままオイル仕上げとするとリアル過ぎると感じるため、拭漆へと進みます。次なる果物は洋梨、ミカンあたり。因みにこのリンゴの果梗は真鍮か銅の丸棒としますが、ミカンの場合は蔕を何で作るのかが思案のしどころです。

 

スオウで草木染

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
一本堂の葡萄パン

 

娘が持ってきてくれた千歳烏山駅近くの食パン屋「一本堂」の葡萄パン。干し葡萄を渦巻き状に練り込んであるので、パンを切るとこのとおり、材木でいえば「木口」を見ている訳です。この食パン、90度回転させて切ると葡萄が一直線に並んだ「木端」を見ることになるため、材木の勉強に使えそう。

 

さて、いつもの朝食のようにレバー・ペースト、ジャム、蜂蜜を用意したのですが、干し葡萄がこれだけ入っているといずれも合わず、何もつけずに食べることになりました。菓子パンでの朝食はやや寂しい。

 

葡萄パン

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
200歳のケヤキ (4) 船体加工完了

 

昔々横浜港でよく見かけた荷物運搬用の艀のような造形となりましたが、4人乗りハワイ風カヌーの船体加工が終わりました。特筆すべき点は、カヌーを転覆しにくくするためのアウトリガー(舷外浮材)と呼ばれる「浮き」ですが、1枚板から切り出すと割れてしまうと考え、薄いケヤキ板3枚を直交させた合板から作りました。

 

さて、仕上げを拭漆とするとやや重たく感じるので、船体はオイル仕上げ、アウトリガーに巻いた糸だけに漆を塗ってみます。船体が仕上がったら、おかずを盛りつける皿とそれを取り分けるためのスプーンとフォーク作りと、まだまだ楽しめます。

 

船体完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | - | pookmark |
2020年春中部関西ブラブラ旅 (2) 已む無く順延

 

新型コロナウィルスによる不要不急の外出自粛要請の中、山中伸弥教授のHPを見て、今回のブラブラ旅を残念ながら順延することとしました。同HPには花見のシーズンを迎える人々に対して「桜は来年も帰ってきます。人の命は帰ってきません」とありました。自分が感染することを避けるだけではなく、無症状のまま他人へうつしてしまうことへの配慮も必要であると理解しました。

 

さて、国内における感染者数の増加速度はここ数日増えつつあり、昨28日の新たな感染者数は200名を超えたようだし、海外はもっと凄いことになっています(以下グラフは3月28日午前に厚労省発表)。三セク制覇に向けたブラブラ旅再開まで、暫くは自宅と木遊びの間を行ったり来たりしながら、嵐が去るのを待つこととします。それにしても昨年3月末以来、列車に乗っていないなぁ。

 

COVID-19

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | - | pookmark |
作業環境改善プロジェクト (22) 遅延回路を使った集塵機電源管理 その9

 

木工仲間のWさんに支援いただき組み立てた遅延回路箱を壁に取りつけ、管理対象の5台の木工機械を順番にテストしたところ全て大型集塵機が想定どおり動くことを確認、年明けにWさんに相談して始まった本プロジェクトは無事完了。

 

「遅延回路」がどうやって機能するのかの理屈については最後まで理解できませんでしたが、中学時代から手許にある半田と松脂を使った半田付けを久しぶりに楽しむことができました。Wさん、ありがとうございました。

 

取付完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:30 | comments(0) | - | pookmark |
久しぶりの果物 (1) 先ずはリンゴ

 

小さな列車や家に続いて果物を作っていたのは7年前になるんですな。誰からいただいたのか記憶にありませんが、ケヤキの丸太が転がっていたのでリンゴを、但し今回は大きめのリンゴを作り始めました(写真右が7年前の高さ4cmほどのウォールナットのリンゴ)。旋盤では丸いものしか作れないので、昔と同じようにリンゴらしい形に変え、今回は草木染してから拭漆の予定。暇つぶしのための新規のネタが少なくなっているのが気になります。

 

再びリンゴ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
まちづくりプロジェクト (29) 感震ブレーカ取付け

 

新型コロナウィルスで防災関連活動が一時休止中の機会を捉え、隣の班の若者が横浜市から借り受けた感震ブレーカの見本(写真)を使って班内各戸に取付け検討を回覧で依頼したところ、2軒から手が上がりました。

 

感震ブレーカは通電火災から自宅を守るのと同時に、住宅密集地の「火元」にならないための有効なツールですが、アパートや貸家を中心に感震ブレーカ取付けを頼みにくい家もあるので、全戸に取付けるのは難しいかもしれません。

 

感震ブレーカ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
木遊び2020 (9) 鉋台打ち講座 その後

 

講座当日の積み残しをまとめて対応し、試しに細い杉材を削ってみたところ40μ程度で、小鉋の用途を考えれば十分な仕上がり。問題は老眼で、台打ちの最中も、薄削り挑戦で刃と裏金をセットする際にも眼鏡を外してようやく対応できた次第。細かな作業は難しい年ごろを迎えたようです。

 

さて、この白樫、下端の刃口付近と他にも小さな割れがあって、不良品であることが今になって分かりました。購入先にやんわりとクレームしたところ2日後には新しい白樫が届いて良心的な材木屋であったことは嬉しいのですが、また1日かけて台打ちするのかと思うとちょっと大変。人生、色々なことが起きるものです。

 

台打ち完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
200歳のケヤキ (3) 粗彫り完了

 

太い柱から取り出した長さ45cm、幅12cmほどの角材に墨付けをして、フォスナー・ビット、トリマー、ディスク・グラインダーと加工を進めたのがこの写真。ハワイ風カヌーにしてはズングリムックリですが、柱をくださったHさんによれば、近い内にもっと長い材を持ってきてくださるとのことだったので、大き目のカヌー作りの準備運動としてこのカヌーを完成させます。

 

船底には穴をあけた板を敷いて、その穴にスプーンとフォークを挿す、その上に拭漆した木箱を置いて料理を盛りつけるというのが現時点でのアイデアですが、どうなりますか。

 

粗彫り

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
地域住民の居場所プロジェクト (18) 3月は中止

 

風邪のため先月ドタキャンしたスナックMeetsですが、今月は新型コロナウィルスにより中止となりました。LINEで飛び交ったのは中止を知らせるメッセージとそれに関連するやり取りで、スタンプが多用される女性陣のメッセージは実際のお喋り同様に賑やか。新型コロナウィルスが治まり来月のスナックMeetsが無事に開店できることを祈ります。

 

中止

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
輝苑で会食

 

新型コロナウィルスのため母との誕生祝会を実現できなかったので、泊りに来た娘家族と地下鉄三ッ沢上町駅近くの中華料理屋「輝苑」に初見参。店に入って先ず目に飛び込んだのは水槽を泳ぐ大きな金魚。店の方によれば金魚ではなく熱帯魚で、中国の大きな料理店では壁一面の水槽にこの魚を泳がせているそうで、ところ変われば品変わるということでしょうか。

 

さて、叉焼、焼売、餃子などを肴に小生は芋焼酎ロック。続いて卵コーンスープ、エビチリ、酢豚、炒飯、孫たちはサンマー麺など。店の看板に「中華家庭料理」とあるとおり料理の味に尖がったところはなく、印象は文字通り「家庭的」。歩いて行ける距離だし、家族で会食ならお勧めかな。

 

熱帯魚です

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | - | pookmark |
回転ヤスリ (2) 回転数不足

 

六角軸付回転ヤスリを試してみたところ、回転数不足からか切削量が今一つ。テストした電動工具の回転数は以下のとおりで、いずれも片手で保持するタイプなので長時間の加工は難しい感触です。となるとハンドル付のディスク・グラインダー(回転数は2800〜11000 rpmと可変)を使ってみたいのですが、各種ディスクを取りつける部分にM10ボルトが出ているだけなので、このヤスリを使うには一工夫必要です。

 

アングル・ドリル(写真): 0〜1400 rpm

インパクト・ドライバー :0〜2700 rpm

 

ディスクグラインダ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
2020年春中部関西ブラブラ旅 (1) こんな感じで

 

昨年7月に決行予定だった中部関西三セク鉄道制覇の旅は家内の体調不良で順延となりましたが、家内が寛解したことから、8か月遅れで実現しそうです。攻撃対象となる三セク鉄道は以下のとおり合計394.6kmで、盲腸線による往復乗車を含めると600km以上、JR線を含めると合計2100km。新型コロナウィルスが下火になったらの条件つきながら、久しぶりの列車旅を楽しんできます。

 

初日 :明智鉄道(25.1km)、愛知環状鉄道(45.3km)

二日目:長良川鉄道(72.1km)、樽見鉄道(34.5km)(以上は下の地図にあり)

三日目:京都丹後鉄道宮前線(24.7km)、同宮福線(30.4km)、同宮豊線(58.9km)

四日目:若桜鉄道(19.2km)、智頭急行(56.1km)、北条鉄道(13.6km)

五日目:信楽高原鐡道(14.7km)

 

東海

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
小型集塵機のスイッチ不調

 

木遊びにおける問題解決は管理人の仕事なのですが、最近やけに問題の発生が多いように感じます。人も機械も歳をとったということでしょうか。

 

今回はルーターテーブルに使っている集塵機が動かないということで、分解してみたところ、両切りスイッチの片方の回路が機能しなくなっていたために片切りに変更しました(写真の黒い電線を電源からモーターに直結)。

 

集塵機内部に入った細かな木屑がスイッチ内部に潜り込み、電流で燃え、残った灰や炭などにより接触不良になったと考えられますが(写真の白い電線の先端の端子付近でも木屑の燃えカスが見られます)、スイッチはとにかく人間の肺にも同じような細かな木屑が入り込んでいる筈で、大丈夫なんでしょうかね。

 

スイッチ故障

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode