Page: 1/219   >>
空想旅行 (4) 地中海東部散策 その4 イタリア行程案 その3 時刻表入手

 

鉄道時刻表を手に入れようと西口の有隣堂へ出かけてみたものの、「ヨーロッパ鉄道時刻表(旧Thomas Cookの時刻表)」の最新版はコロナの影響で未だ出版されておらず、仕方なく2019年冬版をオークションで落札。届いた時刻表には私鉄関連情報は少なく、イタリアでは半島踵部分に展開するFSE(南東鉄道)の路線図しか掲載されていません(以下写真)。いずれにしてもBariからBrindisiに至る私鉄は存在せず、「地球の歩き方」の記載内容は誤りであることが判明しました。

 

そうなると、FSEの全8路線(図中の7路線と路線1の西側支線である路線1 bis)を制覇するには何日かかるのかと、時刻表と睨めっこした結果は以下のとおり(★の乗継が心配。路線1のMartina FrancaとTaranto間はバスしかなさそうなので除外)。初日終着駅Gagliano Leucaにホテルはあるのか、調べなくてはなりませんが、これまた楽しい暇つぶし。

 

【初日】

 Bari発 08:24 --- Line1 --- Martina Franca着 08:52

 Martina Franca発 09:40 --- Line2 --- Lecce着 12:19

 Lecce発 12:59 --- Line5 --- Gallipoli着 14:30

 Gallipoli発 15:30 --- Line4 --- Casarano着 16:12

 Casarano発 16:52 --- Line3 --- Gagliano Leuca着 17:33 

 

【二日目】

 Gagliano Leuca発05:46 --- Line6 --- Maglie着 06:43

 Maglie発06:47 --- Line7 --- Otranto着 07:15

 Otranto発 07:20 --- Line7 --- Maglie着 07:46

 Maglie発 07:52 --- Line6 --- Zollino着 08:07

 Zollino発 09:09 --- Line5 --- Nardo Centrale着 09:39 ★

 Nardo Centrale発 09:40 ★ --- Line3 --- Casarano着 10:24

 Casarano発 11:50 --- Line3 --- Novoli着 13:13

 Novoli発14:05 --- Line2 --- Nartina Franca着 16:35

 Martina Franca発 17:30 --- Line1(バス) --- Putignano着 18:24

 Putignano発 19:10 --- Line1 bis --- Bari Centrale着 20:41

 

FSE路線図

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:31 | comments(0) | - | pookmark |
新スマホ (7) これは便利

 

ブログ用の写真撮影で最近コンデジを使うことはなくなり、専らスマホ頼みとなっています。加えてスマホ画面のスクショ(スクリーン・ショット、Androidではボリューム下げボタンと電源ボタンを同時に押し画面表示内容をそのままファイルに書き出すこと。昔々はハード・コピーと言っていたような)が時々必要となり、そのためのキー操作の難しさに往生していました。新しいSHARP製のスマホで嬉しかったのは、この方法が下の写真のように簡素化されたこと。

 

Windowsでは、Ctrl+Alt+PrtScとキーを同時に3つ押し、コピーされた内容をペイントなどに書き出してJPEGなどで保存という手間がかかるので、これまた何とかして欲しいものです。

 

スクショ方法

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
Yチェアーのリノベーション (6) ペーパコード入手

 

オットマンの制作も進み、木遊びメンバーが参加する座編み講習会も開催されそうなので、講師をお願いしたKさんからペーパコード一巻き(直径4mm、長さ300m)を譲っていただきました。編み方にもよりますが、1脚に100m前後使うそうで、オットマン2脚と、2脚持っているYチェアの内の1脚で使い切ってしまうかもしれません。

 

ペーパコード

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
横浜市ふるさと納税返礼品 (1) こんなプロジェクトです

 

学生時代の友人O君から、横浜市ふるさと納税返礼品の付属品として木製品を作ってくれないかとの依頼がありました。返礼品は横浜市金沢区の海で採れた昆布、付属品の詳細は未定ですが、O君からの提案は昆布を切る際に使える木製の定規。昆布加工工場でならまだしも家庭で定規を必要とするのだろうかと考え木製カッティング・ボードを逆提案中で、最終決定にはもう暫く時間がかかりそう。個数は最大で100個、納品は2021年2月ごろの予定です。横浜市のHPにある返礼品情報は写真のとおりで、15000円の納税で生の昆布が送られてくるという企画。

 

木製品のイメージを膨らませるために、南部市場にある昆布の加工場にお邪魔し、水をかけながら軍手で昆布の表面のプランクトンなどを取り除くという作業を体験。木工房と違い、食べものを作る現場に漂う緊張感を味わってきました。

 

当ブログをご覧のみなさん、返礼品【共通:E-48】『採れたて「ぶんこのこんぶ」生こんぶのしゃぶしゃぶ』を注文ください。乾燥昆布には無い新鮮な海の味を楽しめること確実です。

 

返礼品

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | - | pookmark |
河津桜2020 (13) スープカップの持ち手に挑戦

 

乾燥時の歪みと割れのため、できあがったのはスープ・カップとしては使えそうもない器になりましたが、当初の目論見どおり持ち手に挑戦してみます。

 

最初に考えたのは、器の形に合わせたジグを作ってトリマーのガイドとして使うことでしたが、切削時に刃先が安定せず断念。結局、エアー・ツールをフリー・ハンドで使って持ち手用の窪みを作ることとしました。窪みと持ち手の隙間は接着剤が埋めてくれると信じて加工してみます。

 

持ち手取りつけ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | - | pookmark |
Yチェアーのリノベーション (5) 練習用オットマン(チーク)作り

 

ケヤキのオットマンに続いては管理人幸兵衛さんから手に入れたチークのオットマン作り。ケヤキは平編み用に、このチークは封筒編み用としたいので、Yチェアに真似て左右の座枠を前後の座枠より2.5cm高くします。

 

さて、ケヤキから改善したのは貫穴用のテンプレート。ケヤキ用に用意したランバーコア製のテンプレートは何回も使うと穴が広がってしまうという問題が生じたため、今回はテンプレートの穴の周囲に厚さ2mmのアクリル板を貼ってみたところ、これが予想外のできで、16個の穴を正確にあけることができました。目出度し、目出度し。

 

新テンプレート

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | - | pookmark |
空想旅行 (3) 地中海東部散策 その3 イタリア行程案 その2 FSE路線図

 

Venezia発Bologna乗換の列車をイタリア半島踵部分にあるBariで下車し、そこから目指すBrindisiまで私鉄を体験してみようと考えたのは、地球の歩き方イタリアに「トレニタリアのバーリ中央駅と隣接して各線の鉄道駅がある。アルベロベッロへ向かう私鉄スッド・エスト線Sud-estは、バーリ中央駅奥にホームがある。(中略)ブリンディシ、レッチェへ向かう私鉄のガルガーニャ線も運行」という記載を見たからですが、いろいろと調べてみてもBariとBrindisiを結ぶ私鉄は確認できず、仕方ないのでGoogle Mapsの1/4000地図や1/8000地図と睨めっこしながら下の路線図を書いてみました。これぞ暇つぶし。

 

さて、路線図で青線表示の私鉄の企業名はFSE(Farrovie del Sud Est、訳せば「南東鉄道」、国鉄であるFS(日本でいう第三種鉄道事業者)のグループ会社)でサレント半島に多くの路線を運行していることが分かりました。Wikipediaにも情報を見つけたものの、世界遺産の最寄り駅であるAlberobelloが記載されていなかったりと信頼性が今一つで、こうなると時刻表、旅行案内書を手に入れて調べるしか方法はなさそうです。それもまた暇つぶし。

 

路線図

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | - | pookmark |
今度は昇降盤が不調 その後

 

大鋸屑が周辺に飛び散ることを如何にして防ぐのか、昇降盤の構造が複雑なだけに中々手強い課題です。写真では分かりにくいかもしれませんが、上は加工する材を乗せるテーブル、その下から大きな丸鋸刃がテーブル上に突き出て材を切断します。下に見える半円のカバーは大鋸屑を集塵ダクトに誘導するためのカバーですが、何故か下半分しかなく、テーブルとの間にはカバーは何もありません。

 

管理人幸兵衛さんが取りつけたカバーが写真右側のもので、加えて左側、更に中央にもつけたところ、大鋸屑の吹き出しが大分改善されました。この改善に半日を費やしたように、最近では作業環境改善業務が暇つぶしの柱と化しています。

 

ほぼ完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
Yチェアーのリノベーション (4) 木口テスト

 

オットマンに拭漆をすると脚の上端の木口に漆が浸み込んでまっ黒に仕上がるのではないかと、その防止策をテストしてみました。写真がその結果で、手前が木口に拭漆を1回したもので、真ん中はドウサ(膠とミョウバン)を塗って拭漆、奥は「木固めエース」という塗料の上に拭漆で、「木固めエース」の勝ちとなりました。早速ケヤキのオットマンで試してみます。

 

テスト結果

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | - | pookmark |
新スマホ (7) 移行完了

 

ヨドバシでの手続きで通話ができるようになったので、続いてはアプリとデータの移行。データとしては電話帳、LINEの友だちとトーク、画像あたり。フォルダーを作って画面上のアイコンを整理し、Tomo蔵を壁紙として移行完了です。古いスマホと比べて電池容量が大きいので列車旅でも補助バッテリーを持ち歩く必要はなさそう。本格的な5G時代到来まで活用します。

 

完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:15 | comments(0) | - | pookmark |
今度は昇降盤が不調

 

自動鉋の集塵をそこそこ改善したと思ったら、今度は昇降盤の集塵が不調。6年前に松浦材木店からいただいた時に、回転する鋸刃の周りに大鋸屑飛散防止用の薄板を張り巡らしたものの、飛ばされたり隙間があいたりして、使うと昇降盤の左右と後ろ側に大鋸屑が飛び散ります。

 

管理人幸兵衛さんと半日頑張り、飛散防止用の板を付けたのですが、左右は改善されたものの、手前は写真のような状況。昇降盤の構造が複雑で、どこかに大きな隙間があるんでしょう。もう半日頑張ります。

 

これが現状

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | - | pookmark |
Yチェアーのリノベーション (3) 練習用オットマン(ケヤキ)の組立完了

 

貫の穴をトリマーであけた際に、使ったテンプレートがビットの回転と共に広がってしまい、結果として貫穴が貫より太くなってしまいましたが、ケヤキの粉をボンドに混ぜたものを隙間にすり込み誤魔化して組立完了。

 

座枠の高さを4辺同じとしたので、Kさんに教えていただく平編み、あるいは鹿の子編み用に使います。続いては拭漆を3回ほど。

 

組立完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
空想旅行 (2) 地中海東部散策 その2 イタリア行程案

 

空想旅行の世界に中々羽ばたけませんが、先ずはイタリアについて「幹」となる工程を検討中で、時間をかけて「枝葉」に相当する散策先を加えて行くつもりです。

 

初回に書いたように、Istanbulに飛び、何とかしてVeneziaまでたどり着き、そこで数日観光。その後はVeneziaを朝8時40分に出発すれば、途中Bolognaで乗り換え、長靴の踵近くにあるBariには19時に到着というイタリア半島東海岸の列車旅がイタリア散策の「幹」となります(時刻はTRENITALIAサイト調べ)。

 

Bariからギリシャへ渡るフェリーには乗らず、「地球の歩き方」のBariの頁にある「Brindisiに向かう私鉄のガルガーニャ線(P.453 )」でBrindisiへ。このガルガーニャ線、ネットで探したものの見つからず、時刻表を手に入れるしか方法はないかもしれません。Brindisiでの市内観光後、フェリーでアドリア海を東に向かいギリシャのPatraへ。1972年の旅行の日記にあるBrindisiでの1日は次のとおりで(括弧内は補足説明)、懐かしく思い出されます。

 

1972年11月6日(月)Wien --> Rome 晴

(Wienで知り合った女性が作ってくれた弁当を持ってWien発の夜行列車で朝8時にRome着。Romeには再び戻ってくるので、この日は市内観光後21時38分発Lecce(レッチェ、長靴の踵の先端の町)行の夜行列車に乗る)

 

1972年11月7日(火)Rome --> Brindisi 晴

Brindisiには朝7時40分着。駅でStockholmで会ったS氏に出会い、港へ行ったりしながら一日中ブラブラする。町には椰子の木などがあってすごく南に来た感じ。町の中心に朝市が出て果物、魚を売っていた。食料を買い込んで20時頃乗船。300リラのPort Taxを取られた。船の座席はリクライニングで、2つ占領してかなり良く寝られた。船内のDuty Free Shopでマルボロ2箱、450リラ。

 

行程案

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | - | pookmark |
自動鉋集塵フード改善 全作業完了

 

最後に取り掛かったのは昨年末に導入した中型集塵機周りの改善。集塵機を自作の台から降ろして接続する木工機械との高低差を解消し、集塵ホースの長さができるだけ短くなるよう木工機械を再配置しました。床を這いまわる集塵ホース、電源ケーブル、エアコンプレッサからのホースにつまづかないよう注意しつつ、木工を楽しみます。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:31 | comments(0) | - | pookmark |
Yチェアーのリノベーション (2) 練習用オットマン(ケヤキ)作り

 

ペーパコードの編み方を教えていただくには座枠がなくては始まらないと、先日手に入れた古いケヤキ板から居間で使うことになるであろうオットマンを作り始めました。普段はホゾ穴を角鑿盤であけるのですが、今回初めてトリマーでの穴あけに挑戦。あけた穴が貫の大きさにぴったりとなれば格好いいのですが、どうなりますか。

 

制作開始

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
自動鉋集塵フード改善 連動遅延回路の改修

 

大型集塵機関係の作業が終わったので続いては新規導入した中型集塵機を連動遅延回路に繋ぐ作業。3月に使用開始した同回路を三相200V用(黒いコンセントとプラグ)から単相200V用(白いもの)に変えたものの、リレイに電流が流れると壁のブレーカが落ちてしまいます。

 

3月に助けていただいた木工仲間のWさんにチェックしていただいたところ、単相200V用コンセント内の配線に小さな漏電個所が見つかりました。ケーブルの被覆を剥がす際に傷をつけてしまったようで、ケーブルを交換して完成です。これですべての作業が完了と思いきや、昨年末に導入したもう一台の中型集塵機周りも改良したくなり、猛暑の中の作業はもう暫く続きます。

 

連動遅延回路

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | - | pookmark |
新スマホ (6) 使用開始

 

5月に手に入れてから早4か月、ようやくヨドバシのIIJmioカウンターでSIMサイズ変更手続きをしてきました。この日はIIJmio担当者が不在だったため、ヨドバシ社員が電話でIIJmio担当者と話しながらの対応となり、手続きに1時間以上。メガキャリアと違いMVNOとの付き合いは大変です。

 

さて、できることならIIJmioが最近始めた「従量制プラン」に切り替えたかったのですが、そのためには一旦IIJmio(DoCoMo)を解約し、どこかのキャリアと契約、更にそこを解約してIIJmio(au)に切り替える必要があるとのことで諦めました。続いてはアプリやデータの移行です。

 

SIMサイズ変更

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | - | pookmark |
Yチェアーのリノベーション (1) これが現状

 

最近いただいたスツールの新しいペーパコードに感激したので、手に入れて30年以上たち大分疲れてきたYチェアの座面のリノベーションをしたいのですが、いただいたスツールの座面は「平編み」あるいは「鹿の子編み」と呼ばれる編み方で、Yチェアの「封筒編み」とは異なるようです。

 

木遊びメンバーからペーパコードの編み方を習いたいという声もあるので、Kさんにワークショップ開催を頼んでみますが、Kさんが封筒編みをご存じない場合は、かなり高いハードルとなりそうな案件です。

 

Yチェア

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
自動鉋集塵フード改善 取り敢えず完成

 

大型集塵機(写真右側)を手押し鉋と自動鉋専用にしたのに合わせ、7月に作った集塵フードが木屑の排出口を広くカバーできていなかったことから、以前の形に戻してみましたが、それでも前面から木屑が飛び出てくるので、更なる改善が必要になりそうです。集塵は難しい。

 

取り敢えずの改善

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | - | pookmark |
カレンダー (7) 二作目完成

 

少々設計変更がありましたが二作目が完成。アサメラを使った月、曜日、日付部分をウォールナットで挟んだ構造としました。加工精度に問題があり、想定したようなスッキリとした仕上りとはならず、もし作り直す機会があれば、その時は制作方法を改善します。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode